忍者ブログ
ぶどう、キウイ、タケノコを栽培と通信販売する家族経営の農家です。園主が為す秋冬の山仕事による薪販売もご愛顧ください。
2020-041 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 prev 03 next 05
1  2  3 
稲刈り後の藁の片付けを始めました。
コンバインで刈り取りながら脱穀した後の藁は地面に落とされて行きます。
結束されない我が家の機械は、この後の作業が手作業以外にやりようがありません。
稲藁を纏めて揃えてある程度の大きさの束に紐で括ります。稲の袴がピラピラとしているのに加え、稲の茎の小口がきっちり揃わず何とも気持ち悪い。
こんなことはどうでもよろしいことです、小口が揃っていなくてもキウイ園に敷きこんだ時にキウイの生育には何の関係もありません。

田圃に残っている稲の少しばかりの茎や、袴はトラクターで土の中に潜り込ませてしまいますので、何の問題も無いのです。
ただ、スカッとした心持にならないだけのことです。

稲刈り機で結束され、牛木に掛けて乾燥させ、脱穀機で脱穀した後の稲藁の束の美しいこと。きちんと揃っているのです。隣の田圃はこの方法でしているのですが、稲藁を片付けた後の地面に茎一本、袴さえもありませ。見事な仕上がりです。素晴らしい。

さて、このことはこれくらいにして、

キウイ園に運んで、棚下に敷き込みました。
傾斜地は雨が降りますと表面の土を流してしまい、根が出てきてしまいますので、土留めと、雨天後の滑り止めを兼ねて稲藁を敷き込みます。毎年為しても、土は流れ出ます。お陰で我が家の竹林は肥沃な土です。傾斜地のキウイ園、葡萄園の下が竹林なのです。

暫く、この作業が続きます。



何てことでしょう。
余りに収穫量が少なすぎて、販売する分が殆どない状況のためご予約締切ました。
今年は葡萄もキウイも叩かれ続けている感じです。
画像提供する気になれません。
残念です。
昨日収穫したグリーンキウイフルーツ・ヘイワードの選別を始めました。
収穫量は平年の3割にも満たないほど。
加えて小さいのが多く、泣きたいです。
毎年お使いくださるお歳暮用の分の確保が精一杯かも、。
数日内に確かな量が分かりますので詳細はwebページに掲載いたします。
(我が家のキウイフルーツは薬剤散布していません。)
グリーンキウイを収穫しました。
少ない。いつもの年の三分の一。
授粉が失敗であったようです。
この量では、選別・仕分けもちゃちゃと終ってしまいそうです。
追熟をさせて出荷開始は11月末日を予定しています。
なかなか完了とならないWEbサイトの引っ越し作業です。
グリーンキウイのヘイワードのページは

https://shiojimabudou.ifdef.jp/kiwi-heyword.html 

に移転完了しました。
お時間のあります折に是非お訪ねくださいますように。

グリーンキウイフルーツ・ヘイワード
リンク
ぶどう・キウイ・タケノコ・薪のことなら塩島善一葡萄園へ
農作物の仕入れ販売は致しません、すべて自家園で栽培、収穫しています。薪は山梨県内の山の原木を使用しています。任せて安心の塩島葡萄園です。
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2
7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
綴りたるは
HN:
葡萄園の小間使い
性別:
非公開
職業:
塩島善一葡萄園の作業全般
ブログ内検索
"葡萄園の小間使い" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]
PR